FC2ブログ

裏ブログ(日々の◯◯◯)

政治的な考えを、素直に書いていく

お金の話②(東電)

東京電力の件ですが、これが近頃一番許せない。


ただ単純に、何故潰さないのでしょうか。原因はわかりきっていますが。


倒産させれば税金から東電社員にボーナス支払う必要がなくなり、役員の責任追及もできるそうです。


知人の法律家の話によると


>会社を存続させて、国から賠償金を支払わせれば会社法429条の役員の損倍責任は顕在化しない。


とのことです。


また、財務省関連の天下りポストもかなりあるそうですので、どうりで潰れないわけです。腸が煮えくり返ります。


東電を潰す!という方針の政治家はいないのでしょうか?もしいるようでしたら教えて下さい。拡散したいです。


次期総選挙では、お金の話(子供手当てやら、最低保障年金やら)をする政治家には入れず、政治の話(核武装やら、尖閣やら)の話をする政治家に入れようと思っていましたが、東電を潰すという政治家がいたら、一票入れようかと思い始めています。


政治は誰がやっても同じではなかったことを教えてくれた民主党。


もし民主党に入れてしまった人がいましたら、次は気をつけて下さい!(笑)

スポンサーサイト



  1. 2012/06/01(金) 23:53:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

お金の話①(ナマポ)

ナマポの話が盛んに飛び交っています。


まず芸人についてですが、そもそも芸人になる人間というのは元々一般的人種ではないと思います。一般的人種ではないから芸人になったのではないでしょうか?

偏見かもしれませんが、、、。しかしながら、昔の芸人はストリップ劇場の幕間で演じていた人達なのですからね。

いわゆるカタギではないですし、いわゆるヤクザです。御存知の通り吉本はヤクザでしょう?ですので別段驚きもしていないです。


このナマポ問題、どうも胡散臭くてしょうがないのですが、そもそも小泉チルドレンたる片山さつき氏が絡んでいるのが気になります。


小泉純一郎は規制緩和の名の下、様々なセーフティネットを破壊し続けたのはご存知のとおりですが、結果最後の砦ナマポに人々が救いを求めたところ、そのチルドレンたる片山氏が最後のセーフティネットに照準を合わせ始めた、というのは勘ぐり過ぎでしょうか。


そもそもナマポが最低賃金での生活よりも恵まれているということが大問題であり、ここを一番に変えるべきだと思うのですが。


日和見主義者橋下徹氏も、これに乗じて日和見活動を開始したことですし(http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120530/wa...)この記事の終盤に「一律削減すべき」などと書いてあるように、この風潮がエスカレートして、もし最後のセーフティネット自体が壊されたらと思うとぞっとします。絶対にアメリカの様にはなってはいけない。


芸人は芸人らしく日陰で生きればいいと思います。らしくっていうのは別段悪いことではないのではと、個人的には思うのですが。

  1. 2012/06/01(金) 23:52:53|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富を分け合う

昨日の日記の注釈のような事ですが、日本という土地はやはり潜在的な富が少なく(将来は変わるかもしれませんが)限られた富を独占することなく譲りあう事が必要だと思うのです。


ここで「富を分け合う」なんていうと、なんだか共産主義者のような気もしないでもないですが、全くそういう意味合いではなく、要は個々が世の為人の為の仕事を目指すということでしょうか。


政府が富を分配するような事をしてしまったら、結果共産主義ですので、基本的にはやはり民主主義がベストだと思います。


利益は当然必要ですが、利益第一主義ではなく、心の中のどこかで世の中の役に立つという大義を持ち続ける事が必要ではないでしょうか。それも強制されるのではなく、ごく自然に湧いて出た感情として。


世の中の役に立ったと思った時、それは本当の幸せなのだと思います。


考えてみれば、天皇陛下は他者の為だけに仕事をされております。執務をはじめ、祭祀や行幸。自分の利益の為の仕事はあるのでしょうか?


こんなご時世ですから、余計意識してしまうのです。本当に凄いことです。


しかし、思い起こせば先人は素晴らしいシステムを考えたものです。政が永久に安定するというのは歴史的に見ても皆無ですが、そのような不安定の時にも必ず天皇陛下がおられるというのは、なんという盤石なシステムでしょうか。


このシステムは歴史的な五重塔のような建築物と同じです。先人の知恵ですね。


限られた富を、知恵の結集によってより幸福な社会を作ってきた日本。自分自身辛くなったらこの事を思い出し頑張ろうと思います。


(共産主義を否定しているわけではありません。逆に共産主義は他のどれよりも素晴らしい、ただ人類には不可能なだけです。)

  1. 2012/06/01(金) 20:01:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土地が人を造る

初めて神宮に行って来ました。



神社が好きで色々行っておりますが、伊勢は他と比べて明らかに一線を画しているように思います。

個人的な経験に基づいているので、本当はもっと神々しい所があるかもしれませが、総氏神と言われている正にその通りなのではないでしょうか。

参拝されている方々の所作が非常に美しいことからも、そう感じさせられる所以かもしれません。



さて我々の神道、これは民族宗教であり土着信仰から来ているわけですが、新嘗祭から分かるように、日本人は農耕民族であります。

日本の国土は可住面積が極端に狭く、自然災害が絶えないという非常に厳しい国土です。現存する富が非常に少なく、かつてこの国土で生きるには、人々が譲り合い助け合わなければ生きていくことができませんでした。



つまり「日本人」というのは、この国土によって育まれてきたわけです。

日本人の性質はここから来ており、はてさて隣国の人々の性質はというと、、、土地柄から想像に難くありません。



さてここで、以前書きました「高度な文明は人を幸せにするのか?(日本の場合)」という日記を省みると、日本人は富を搾取するという事(高度な文明)は性に合わないのではと改めて思うのです。

数人で街を歩いている時、全員が非常に便利な道具スマートフォンを凝視しているという光景は、これはやはりヘンテコなのではないでしょうか。

物欲は満たされた瞬間に新たな物欲を産みます。これは支那人の現状。幸ではないのです。

ダライ・ラマ氏曰く、幸せとは、他者を幸せにした時に初めて個の中で持続可能な幸せとして残るそうなのです。



これこそ本来の日本人の性質なのではないでしょうか。

もちろん、隣国はワルモノが多いので、そこには高度な文明を使い徹底的に守りぬく必要があるのは言うまでもありません。



しかし、我々が目指すべきもの、やはり日本の国土が培った、本当の日本人を追求すべきなのではと、ここ数日想いを新たにしたところです。

  1. 2012/05/31(木) 21:02:55|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平気で嘘をつく大人

嘘というのは、基本的な考えとして決して良いものではない。他者のことを想っての嘘は、良いことかもしれない。

しかし、様々なデティールを除いて、明らかにダークサイドにある嘘を平気でつく人間が、ナントまつりごとを担う中心部にいるという大変危険な状態に今の日本はある。


嘘ついたら針千本飲ます、とは、もう死語になったのか。

責任?

そんなものまるで存在しないかのような振る舞いだ。

もうこれからは、彼らをひたすら反面教師にするしかない。

端的に申すと、彼らは見苦しい、カッコ悪い、ムカつく。


ああいう人間にはなってはいけないと肝に命じ、今は嵐が過ぎ去るのを耐え忍ぶしか無いだろう。


今の日本を代表する大人というのは、人を平気で傷つけ、あるいは人命までもを奪っているということを認識しているかしていないかはいざ知らず、自分の事のみを考え続ける悪人たちである。

  1. 2012/01/19(木) 01:29:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ